「Amazon」とは

Amazonは通販サイトとしてのみならず、インターネット上の商取引分野においてもパイオニアと言える存在です。サイトAmazonを運営するAmazon.comは、アメリカに本拠地を持つこの分野の最大大手企業のひとつと言えるでしょう。 設立当初の1995年頃、インターネット書店として開業したAmazonは、その数年後IT業界を襲ったインターネット・バブルとその崩壊を、地道で堅実な経営手腕を駆使して乗り越えていきました。 これはAmazonが顧客至上主義を第一とし、顧客が今最も欲するものを、迅速に、安価に提供するという運営方針を持つ一方、設立当初からの数年間は充分な利益を確保できない可能性があると予想し、企業として充分な経営体力をもって市場に臨んでいたことと、短期的な損益に対して一喜一憂しないという確固たる経営戦略を持っていたことが要因と考えられます。 また、従来のオフライン小売店では物理的に不可能であったビジネスモデルを積極的に取り入れ、オンライン小売店の利点を最大限引き出した経営戦略もAmazonの特徴のひとつです。 一般にロングテールと呼ばれるビジネスモデルは、Amazonによって広く認知されるようになったと言っても過言ではないでしょう。 従来の店舗を構えた形式の販売店では、物理的なスペースの制約がある以上、在庫も含め「より売れる商品」の品揃えを充実させなければならず、自ずと「そうでは無い商品」は在庫されず、店頭にすら置かれないか、あっても絶対数が非常に少なく、取り寄せるにも時間がかかるという状況がおきます。 これに対し、そもそも物理的な店舗そのものを持たないオンライン販売においては、当然従来発生していた人件費は無人化(というか無店舗化)によって極小まで削減され、不動産としての土地代や賃借料のような店舗コストも基本的に発生しないことになります。 また、情報技術によって、従来の概念に縛られない一元化された在庫管理が可能になると同時に、そもそも在庫を持たないドロップシップによる販売方法も比較的容易に導入することができ、結果として独自の物流による顧客への提供が可能となり、それまでは到底不可能だった幅広い品揃えが成された結果、多種多様なニーズに呼応する形の販売機会を獲得することが可能になりました。 これは同じ単価の書籍であれば、売れ筋1種類を1年間で100冊売っても、100種類を1年間で各1冊売っても変らないという考え方です。インターネットの利点を、最大限活用したビジネス手法とも言えるでしょう。