ブライダル業界の行く末

結婚願望の無い成人が、どんどん増えてきているのではないか、と感じられる話題が次々と出てきているような気がします。草食系男子の増加、独身女性の自立、パラサイトシングルの増加、晩婚化、二次元男子にしかときめかないという女性、アイドルおたくなどなど、結婚とは縁遠いような新しいキーワードがどんどんと生まれてきているのではないでしょうか。 ブライダルビジネスの現状を見る このまま、結婚願望の無い男性、女性が増えていくと、結婚をビジネスチャンスとしているブライダル業界には、先行きが無いのではないかと感じてしまいます。現状は、結婚する人の数は減っているものの、単価が増加傾向にあることで、市場規模は増加傾向にあります。しかし、先行きはそれほど楽観視できるものではない、という見方も出てきています。 最近はなんでもネットで手に入る世の中になりました。便利な世の中になったものです。 世界最大級のECサイト 皆、自分の好みのネットショップをブックマークに登録して、毎日ほしいものの値段などをチェックしていることでしょう。それがネットショッピングの楽しさの一つでもあります。 初めに述べたように結婚とは結びつかない要因があることで、当然、今以上に結婚する人の数が減り、さらには、不況のあおりがより大きくなれば、単価低減も十分に考えられる要素になってくると考えられています。逆に、晩婚化はまだまだ続くので、単価の低減は無いだろうという考えもあります。 歳の差婚などの流行もあり、片方がお金に余裕があるということも想像されますし、再婚でも以前ほど人目を気にして遠慮したりする事なく、式を挙げるという人も増えてきているようですので、一生の内で複数回、結婚する事が増えてくれば、新たなビジネスチャンスとすることが、出来るのではないかというような、考え方もあるようですので、ブライダル業界の行く末が、今後どのように推移していくのか、自分なりの予測を立ててみるのも一興ではないでしょうか。